キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 施工管理の求人と求められる能力 : 施工管理求人ナビ
一押し記事 求人にある施工管理技士とは?
プッシュ記事 施工管理の求人・施工管理技師検定

施工管理の求人と求められる能力

工事現場で施工する職人さんたちを管理、監督して、安全に、円滑に工事を進行させていくのが施工管理の仕事。

現場によってはもちろん、建設機器の施工管理や電気工事の施工管理、土木の施工管理といった様々な業種の施工管理がありますが、体育会系で、かつ職人気質な現場の担当者たちが集まる活気溢れる施工管理のお仕事に、興味をそそられる方も多いのではないでしょうか。

施工管理の求人はインターネット上などで多く見られ、東日本大震災の復興に携わりたい施工管理技士を募集する求人なども見かけます。

施工管理技士という資格もありますが、施工管理のお仕事で特に求められる能力とは、どのようなものなのでしょうか。

まず、施工管理者のお仕事は、実際に現場で施工を行う職人さんたちとの共同作業になりますから、いかに円滑に工事を進められるかが腕の見せどころとなります。

建築基準法で安全に工事を進めるため、危険な作業を行わないことが定められていますが、現場の作業員の中には決まり事を守らない人や、横着する人などは必ずいるものです。

そんな作業員の舵取りをうまく行わなければなりません。

放っておけば、事故の原因にもなりかねませんし、クライアントの信頼を損ねる場合もあるからです。

ですから、作業員たちを管理することは施工管理者の重要な役割です。

また、やはり現場では、経験や知識がある管理者が重宝されることは多いようですが、資格を持っていると、共に作業する作業員たちからはもちろん、クライアントや下請けの業者からの信頼が得やすいのは確かなのだとか。

実際、資格を持っている管理者を要請される場合もあるようです。

施工管理者にとって、現場やクライアントから信頼を勝ち取るのも、仕事のうちと言えるのでしょうね。